スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーファット

ビーファット(Vyfat)ならとことこどっとねっと!


ビーファット(Vyfat)

画像をクリックすると詳しいことがわかります

ビーファット(Vyfat)
脂肪の吸収を邪魔するから食べても太らない!成分はそのまま体外に放出されるから安全!低副作用!抗うつ剤と併用可 ゼニカルのジェネリック!
2012年6月に明石家さんまの「ホンマでっかTV」『夏までに美しくなるぞSP』で「食べたことをなかったコトにする薬」として美肌評論家/研究家の森千恵子先生が紹介したダイエット薬オーリスタットです!

ビーファット は、ダイエット医薬品ゼニカルのジェネリック医薬品で、ゼニカルと同じ成分のお薬です。 ビーファット は摂取した食べ物の脂肪分の吸収を約30%カットするアメリカFDAの承認を受けた最も安全な 肥満治療薬 です。 ビーファット は高血圧や高コレステロール、高血糖値といった病気を改善する薬としても知られています。 ビーファット を食事中に服用すると、体内で吸収されなかった脂肪分を便と一緒に排泄します。



ビーファット は、食欲を抑制するのではなく、体内で脂肪が吸収されることを抑える事によって ダイエット 効果を発揮する薬です。 ビーファット の有用成分である オルリスタット は、食事に含まれる油や脂質が体に吸収されるのを防ぐ働きをします。 オルリスタット は、胃腸の中のリパ-ゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑え、食べた脂肪を腸に吸収させず体外へ排泄させます。

tc3_search_naver_jp.jpg


ビーファット を使った ダイエット では、通常の食事が可能ですので、ストレスによるリバウンドの心配もありません。 オルリスタット は脂分分解後の成分と結合して対外に排出されるので、副作用が少ないという特徴があります。 オルリスタット のおもな副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 オルリスタット を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。 ですので ビーファット を服用する際には、ビタミン剤やサプリメントなどで栄養を補うことをオススメします。 そのほか、オルリスタット は、小腸で不要な脂肪分と結合し、体外に排出するという働きを持っているため、 ビーファット の服用を始めたばかりの頃に、軽い腹痛や下痢などの症状がまれに見られることがありますが、身体にダメージを与えるような深刻な副作用の例はありません。


「ビーファット」の効果の限界
デンプン・タンパク質・脂質の三大栄養素は、吸収されると全ていったんグリコーゲンとなり、肝臓に貯蔵されます。つまり、何を食べても多過ぎれば太る、ということです。ただ、デンプンとタンパク質のカロリーは1gあたり4カロリーであるのに比べて、脂肪は9カロリーであるため、脂肪がエネルギー源としてもっとも効率が高いということになります。
 先ほども述べたとおり、「ビーファット」はあくまで脂肪の吸収阻害薬なので、食べた脂肪はそのまま排泄されますが、デンプンとタンパク質はしっかり吸収されます。つまり「ビーファット」を飲んでいるからといって、安心して食べ過ぎると意味はありません。何も食べないという無理なダイエットをせずとも良いというだけで、食事制限、カロリー制限は絶対に必要なことです。
 そしてさらに、すでに皮下や内臓の周囲についている脂肪は取り除いてくれませんから、これは運動することで燃焼させねばなりません。この点は誤解しないで下さい。「ビーファット」は新しく摂取した脂肪を身体に吸収させないための薬です。

「ビーファット」の飲み方
「ビーファット」の使用法には、朝・昼・夕の食中またヘ食後に1錠服用とされていますが、これは欧米の食生活の話です。日本では、朝はパンとコーヒー、昼は軽くソバ、といった食事内容が多く、夕食に大量 に食べる傾向があります。このため、日本人は夕食の時だけ「ビーファット」を飲めば充分と考えられます。もちろんお昼に脂っこいものを食べたときや、朝からコッテリしたものを食べる方など、食中または食後に「ビーファット」をは飲んでいただいても構いませんが、クドいようですが何よりも「食べ過ぎない」ことが一番重要です。
 「ビーファット」を飲んだからと云って、すぐに痩せるとは期待しないでください。先程も述べましたように、すでに付いてしまっている体脂肪を「ビーファット」は取り除いてはくれません。これを燃焼させるためには運動が必要です。そして「ビーファット」を飲むことで脂肪の吸収は阻害されますが、デンプンやタンパク質は吸収されるので、グリコーゲンとして体内に蓄積されます。これはある意味では身体に安全といえますが、それだけ劇的に体重を落とすことは出来ないということです。このため、「ビーファット」の効果 が目に見えて分かるまでに、半年から一年の歳月が必要です。

ビーファットについてヤフー知恵袋より
ビーファット飲んで3ヶ月くらい経ちます。
脂っこいものをよく食べるので、1日1錠~2錠飲んでます。
最初、便がでるのがすごく遅くて下剤併用しました。(現在も併用しています)
いい歳した大人が漏らすなんて・・と思いますが
ほんとに漏れます。ナメてると大変な目に合います。
でも、漏らしそうなときって、お腹の調子が違うので
3ヶ月も飲んでると、違いがわかって、漏らす(下着を汚してしまう頻度)ことはほとんどなくなってます。
肝心のやせる効果は「う~ん」というところ。
皮膚科で処方してもらってますが、そこのDrは、脂肪を制限した食事をし、かつビーファットを内服して運動をしたら、溜まってた脂肪も落ちやすくなると言ってました。
理屈ではそうみたいです。現状、私はあまり脂肪制限はしていないですが、体重は現状維持しています。やせもしないけど、増えもしないです。

以前から気になっていたビーファットを、先日、通っている美容外科で購入。見た目はなんとも怪しい青いカプセル(笑)焼き肉やとんかつを食べた後に内服。排便があるまでこれといってなんの変化もなし。トイレでびっくり!はじめは普通にしたはずなのに便器にたっぷりと黒ラー油!?これがこのまま自分の体の中に入っていたと思うとぞっとします。しばらく、肛門から腸液?油?がでやすくなるのでハ゜ットは必須ですね。これからも購入すると思います。

まず効能は…ビーファットを飲むと食事中の脂肪の吸収を30%妨げる事が出来るそうです!
そんな夢のような製品です。とりあえず脂っこい食べ物を食べた直後にこれを飲むと油がそのまま出ます。こんな大量の油を体内に摂取していたんだと思うと…と恐ろしくなります。ビタミンA・D・E・Kはそのまま流れてしまうそうなので、一緒にマルチビタミンを服用しないと肌荒れしてしまうなどの副作用がでます。ですからマルチビタミンは必須になります。毎日常用してたら痩せるかも知れませんが、肌荒れが追いつかないので毎日使うのは怖い感じです。週3か脂っこいものを食べた時にだけ飲むのが一番だと思います。

詳しくは、こちらをクリックしてオオサカ堂のホームページにお進みください


オオサカ堂のアフィリエイトは、登録するだけで1000円もらえちゃいます!
それにお薬を安く購入することも出来ます。とってもお得なアフィリですので一緒に始めましょう!!






スポンサーサイト
PR
PR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。